伝統工芸品から食品まで!鹿児島ならではの特産品のよくある疑問を解決します

鹿児島では多くの特産品を生産しています。
こうした商品は全国各地に住む多くの人に購入されています。
鹿児島の特産品に興味を持っている人の中には、どのような商品があるのか疑問を持っている人もいるかもしれませんが、鹿児島の特産品は非常に数が豊富です。
食料品から工芸品まで様々な種類の商品が揃っています。
食料品として人気があるのは、地域で生産されている食肉です。
黒豚や黒牛なども人気があり、日本全国に出荷されています。

有名な鹿児島の特産品にはどんなものがある?

全国にはその地域ならではの特産品がありますが、鹿児島にはどのようなものがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
鹿児島には様々な特産品がありますが、その1つは伝統工芸品として有名な本場大島紬が挙げられます。
これは滑らかな平織りの生地と、自然の染料を使って染め上げた草花などの模様が特徴です。
他にも鹿児島では薩摩焼という焼き物も特産物となっています。
本場大島紬とともに伝統的工芸品として国の指定を受けています。
白薩摩と黒薩摩をはじめ、様々な種類がある焼き物です。
食べ物ではかるかんという和菓子が良く知られています。
山芋を使っているのが特徴で、空気を含んだ柔らかな食感が特徴的です。
また鹿児島では、あくまきという食べ物も特産物となっています。
調理の過程で灰汁を使っている郷土料理で、現地ではよく端午の節句のころに食べられています。
さらにキビナゴやうなぎ、黒豚など様々な美味しい食材がこの地域の特産です。

鹿児島の特産品のかるかんは何で出来ているのか

鹿児島と言えばかるかんというお菓子が有名ですが、これはいったいどのような材料で出来ているのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
この鹿児島の特産品である郷土菓子にはかるかん粉という、うるち米から作られた粉が使われています。
上新粉に似ていますが、それよりもやや粗目に引いているのがこの粉の特徴です。
また材料にはカリウムが豊富でぬめりのある成分を含んでいる、山芋も使われています。
山芋を使うことで、独特のしっとりとした生地ができるのでこの鹿児島のお菓子には欠かせないものとなっています。
他に砂糖を使って甘みを足しているほか、現代ではベーキングパウダーや卵白などを使って作られることもあるのが特徴です。
このお菓子には中に餡が入っているものと入っていないものがありますが、もともとは入っていないもののことを指していました。
餡が入っている丸みのある形をしているタイプの饅頭とは生地は基本的に同じです。

鹿児島の特産品である薩摩焼の特徴とは?

鹿児島の特産品といえば本場大島紬が有名ですが、ほかにもよく知られたものがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
本場大島紬と同じように、国によって指定されている伝統工芸品でもある鹿児島の特産品には薩摩焼が挙げられます。
この焼き物の歴史は古く、薩摩国の武将だった島津義弘が朝鮮出兵の際に連れ帰った焼物師が作り始めたことがルーツとなっています。
薩摩焼は鹿児島内でも産地によっていくつかの系統があり、種類も色々なものがあるのが特徴です。
中でも有名なものには、白薩摩と黒薩摩と呼ばれる2タイプのものがあります。
白もんとも呼ばれることがある白薩摩はその名の通り、地の色が白い焼き物です。
温かみのある美しい色合いでよく見ると表面には細かなヒビが入っているほか、華やかな絵付けが特徴でもあります。
黒もんともいう黒薩摩は、やはり黒色の焼き物です。
光沢があり素朴な雰囲気を持つこの焼き物は、昔から普段使い用に活用されていました。

鹿児島の特産品のあくまきはちまきと何が違う?

鹿児島の特産品にはあくまきと呼ばれる食べ物がありますが、竹の皮で包まれていることからちまきと同じものなのかそれとも別のものなのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
あくまきは鹿児島で端午の節句の時に食べることが多い食べ物です。
灰汁に浸したもち米を竹の皮で包み、それを灰汁とともに煮て作るという独特な製法が特徴的な鹿児島の特産品で、ちまきと呼ばれることもあります。
灰汁を使うことでもち米が柔らかくなったり、雑菌の繁殖を抑えられたりといったメリットがあります。
同じように端午の節句に食べられている一般的なちまきといえば、こちらの原料のもち米を笹の葉で巻いて蒸して作られるものを指すことが多いです。
ただし灰汁に浸したり、灰汁を入れた水で煮るということはないところに大きな違いがあります。
中華風のちまきを日本でも食べることがありますが、こちらは肉や野菜などの具材が入っていて竹の皮で包まれているのが特徴です。

鹿児島の特産品であるキビナゴの美味しい食べ方とは

鹿児島の特産品の1つには種子島辺りの海域でよく獲れる魚のキビナゴがありますが、あまり食べたことがないとこの小さな魚をどのようにして食べると美味しいのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。水揚げされる鹿児島では、鮮度の良いキビナゴを刺身で食することもあります。新鮮な身をさばいて盛り付けると透き通るような身の色合いと黒い特徴的なライン、銀色の輝きが美しいです。このような刺身は現地では酢味噌でいただくことが少なくありません。調味料が甘めな傾向がある鹿児島では、刺身に付ける酢味噌も砂糖が多めで甘めのものが多いです。ほかには天ぷらにするのも美味な食べ方の1つに挙げられます。体長10センチ程度の小さな魚なので、ワカサギを天ぷらにする時のように衣をつけてカラッと揚げます。頭や内臓を付けたままでも違和感なく食することができ、骨ももちろんそのまま味わうことが可能です。天ぷらには少量の塩を付けて食べることが多いです。

鹿児島の特産品の垂水人形を購入するには

鹿児島は日本全国の地域のなかでも、1000年前から異国との交流が盛んな地域でした。しかも琉球を自治体で管理をしていた時期も長かったので、日本でありながら独自の産業を確立していたわけです。簡単に鹿児島の特産品についてここで紹介をすると、工芸品なら垂水人形というものが高い知名度を誇っています。一体どんな人形なのかと気になりますが、一般的な素材では使用をしないガラスを採用しているのがポイントです。釉薬を用いているため決して透明になることはないのですが、透き通るような綺麗な白色と美しい光沢を備えています。指宿地方の窯元で一点ずつ手作業で生み出して折り、購入する場合は市内の専門店に行くのがベストです。現在はネット通販ストアもたくさんオンライン上で開設をしているため、ECサイトでも購入することはできます。特産品であるため、すこしお値段は高いですが良いインテリアになるアイテムなので、贈答品にもおすすめです。

鹿児島の特産品の味噌はなぜ甘みが強い?

鹿児島といえば甘みの強い醤油をはじめとした調味料があることで知られていますが、そもそもなぜこのように、鹿児島の特産品の味噌も甘いのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。全国各地で作られているものとしては米を原料としている米みそが全体的に多い傾向がありますが、それに対して鹿児島では古くから麦を使って作られる味噌が多くありました。というのもこのあたりの地域の土地は米の栽培に向いておらず、コメよりも麦の方が盛んに栽培されていたという歴史があるからです。それに加えて、麹を多く使いながら熟成させる期間が短いのもこの地域の麦みその特徴です。一般的には熟成の期間が長いほど糖分が分解されて甘みがなくなりますが、短ければそれだけ糖分も残って甘い仕上がりになるということになります。他の地域で作られているものはおよそ6か月から1年半くらい熟成させるのに対して、鹿児島ではそこまで時間をかけません。

まだあまり知られていない隠れた鹿児島の特産品とは

いま、全国各地では計500品種以上ものブランドが存在をしています。いったい何のブランドなのかと気になるでしょうが、こたえは肉です。とくに鹿児島では特産品としても名高いものが多く、あまり知られていないものですが県内だけで120もあるわけです。鹿児島は日本最南端の位置にあり、桜島という活火山をランドマークにされているところになります。どうしてここで牛肉の生産が盛んなのか、理由は肥沃な大地で育った飼料が多いからです。また畜産業がしやすい環境でもあるため、自然と生産者が全国から集まったとも言われています。それ以外の特産品で鹿児島のものとしては、レンコン・さつまいもとなります。知られていないものはまだほかにも多く、鹿児島に注目が集まらないから知名度も低いということです。和菓子やスイーツ開発を自治体も積極的にしており、今後は観光都市となることで日本だけでなく世界にも名前が普及をすることは言うまでもありません。

鹿児島の特産品・薩摩切子の歴史と魅力とは

薩摩切子というものをご存じですか。以前から引き出物や香典返しでもよく採用をされていたので、多くの家庭で一個は持っていると言われるアイテムです。一体どこで生産をされているものなのかと気になりますが、正解は鹿児島県になります。簡単にここでその概要を紹介すると、約800年前から鹿児島県で生み出されてる記録が残っています。戦国時代にまで時代が遡り、ポルトガル人が薩摩切子の原型となるガラス容器を作る技術を伝えました。いまでは特産品というスタイルで誰でも買い求めることができますが、江戸時代までは幕府や朝廷にしか納品をしておらず、庶民が手にすることは不可能でした。ほかの特産品とどんな違いがあるのか、まずカラフルな色のコップやグラスが多いことがわかります。ステンドグラスと同じ製法で作っているので、鹿児島県では県庁の外観にも切子細工を採用しました。魅力的なうつくしさがあるため、贈答品にも打ってつけになったわけです。

鹿児島の特産品である甘口醤油はどうやって使うべき?

鹿児島の特産品と言えば甘い調味料を思い出す人は多いのではないでしょうか。
中でも甘口醤油は鹿児島をはじめとした、九州を代表する調味料の1つです。
全国で一般的な濃口タイプのものと比較すると、甘みが強いだけでなくとろみがあるという違いもあります。
この甘さは砂糖や甘味料によるもので、様々な和食に使うことができます。
シンプルに刺身に付けて食べるという方法もあり、鹿児島ではこのようにして食べるのは普通のことです。
また甘口醤油は煮物を作るときに使うのもおすすめです。
一般的に煮物の味付けには醤油と砂糖のどちらも使うことが多いので、砂糖が添加されているものを使えばそれぞれを別々に用意しなくてよい上、砂糖を溶かすことを意識しないで良いというメリットがあります。
他には葉物のおひたしの味付けに使うのも良い方法です。
さらには各種炒め物を作るときに使っても美味しくできるなど、活用の幅が広い調味料なので様々な料理に使えます。

鹿児島の特産品の芋焼酎の選びかたとは

お酒が好きな人の中には、鹿児島の特産品である芋焼酎を飲みたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
古くからサツマイモの生産が盛んな鹿児島では、国内でも指折りの焼酎の産地として知られています。
芋を原料に使っているもの銘柄が数多くありますが選ぶ際には予算や銘柄、メーカーなどをチェックして好みのものを見つけると良いかもしれません。
鹿児島の芋焼酎にはプレミアム焼酎呼ばれるような、人気が高く手に入りにくいものもあります。
このタイプの焼酎は、比較的価格も高めとなっているのが特徴です。
どの焼酎を選べば良いか迷う場合には、人気がある銘柄から試しに飲んでみるのも1つの方法です。
ネットで調べるとどの銘柄が口コミで人気を集めているのか分かり、自分好みの焼酎を見つける際に役立つ可能性があります。
それからメーカーによって選ぶのも1つの方法で、自分好みのお酒を世に送り出している鹿児島の酒造メーカーのお酒を飲み比べてみるのもおすすめです。

鹿児島の特産品・シラスソープに入っている火山灰白土とは

シラスソープは鹿児島県で生産されている特産品です。
体を洗うための石けんとして使うことができます。
普通の石けんよりも汚れが落ちやすいことが、この商品の特徴です。
この石けんを使えば体の汚れが落ちやすくなるのは、シラスという材料が使用されているからです。
シラスとは火山灰白土のことです。
鹿児島県にはかつて噴火したことがある山があるので、その時に発生した灰が積もったものが、時間を経過して火山灰白土になりました。
こうした材料が石けんを作るために使用されているのは、汚れを落とせる成分が土の中に含まれているからです。
火山灰白土には非常に細かい粒子が含まれていて、この粒子の大きさは数マイクロメートル程度しかありません。
この粒子が含まれている石けんを使って体を洗うことにより、細かい粒子が体の表面についている汚れなどをしっかりと除去してくれます。
簡単に泡立つこともシラスソープの特徴で、火山灰白土の中には泡を作りやすい成分も含まれています。

鹿児島の特産品の本場大島紬の特徴や選び方とは

美しい柄や色が特徴的な、本場大島紬に魅せられる人は多いのではないでしょうか鹿児島の特産品でもあるこの織物は、発祥の土地でもある鹿児島県の奄美大島で作られているのが特徴です。
絹糸を平織りして出来ていて軽いので、着心地が良いという魅力があります。
数多くの工程があり、職人の手作業によって作られるので高級品となっています。
本場大島紬には染め方によって、いくつかの種類に分類することが可能です。
古くから伝わっている伝統的な染色方法もあれば、比較的新しい方法まであり、出来上がりの雰囲気にも違いがあります。
選び方としては、まず好みの色や柄に注目をするということが挙げられます。
泥大島は、この地方に自生する植物のテーチ木と泥で染めているのが特徴です。
泥藍大島は藍で染めたものをさらにテーチ木と泥で染めているものですが、白大島は地糸を染めていないので白いです。
化学染料で染めているものもあり、こちらは色大島と呼ばれています。

なぜ鹿児島はうなぎが特産品になっている?

うなぎの名産地と呼ばれるところは全国にありますが、なぜ鹿児島もそのうちの1つに数えられているのだろうと思っている人もいるのではないでしょうか。
鹿児島には美味しい食べ物の特産品が沢山ありますがうなぎもその1つで、この地域は養殖による生産量が国内ナンバーワンとなっています。
育てるのに適した温暖な気候や広い土地があるだけでなく、良質な地下水に恵まれているのも鹿児島を一大生産地にした理由の1つです。
軽石や火山灰で出来ているシラスで自然にろ過された水が湧き出ているという環境で、育てられています。
また錦江湾の東にある大隅半島のあたりで、沢山のシラスウナギが採れたことも養殖が盛んになった理由の1つになっています。
一般的に天然物が良いというイメージがありますが、養殖にもまた異なるメリットがあり、それは年間を通して品質の良いものを供給することが出来るということです。
品質を維持しながら提供し続けられることにより、鹿児島の特産品となりました。

鹿児島 特産品 通販に関する情報サイト
鹿児島の特産品を知ろう!

このサイトでは、鹿児島で生産されているいろいろな種類の特産品に関する情報をご紹介しています。
地域の伝統的な工芸品からおいしく食べることができる食品まで、この地域ならではの特産物に関するよくある疑問も解決しているサイトです。
この地域ならではの特産物の調味料の特徴についての情報も、このサイトではご紹介しています。
この地域で生産されている特産物をお取り寄せするための方法についても、このサイトではご紹介しています。

Search